CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「外人」と「外国人」の違い

外人と外国人。日本にいる中の人からは分かりづらい、二つの違いです。

Index / 目次
1. 外人とは
2. 外国人とは
3. 外人と外国人の違い
4. "外人"だとなぜムッとしたり
     シュンとしたりするの?
5. なんて呼べばいい?
    (英語でも同じです)
6. まとめ

 

IMG_0016

 

1. 外人とは

 

ある集団・輪の外側にいる人。"外の人"

 

2. 外国人とは

 

その国ではない国の"人"。 
 
3. 外人と外国人の違い

 

外人と言うとその輪(内側)からは「除外された人」・「外れた人」、もっと言えば時に「他所者(よそもの)」というニュアンスをもたらしてしまいます。対して外国人とは、国籍は違えど同じ「人」という意味合いです。

 

4. "外人"だとなぜムッとしたりシュンとしたりするの?

 

あなたが海外に行ったとしたら、日本人ではない国の人達に囲まれます。アジアなどであれば外見の見分けはつかないかもしれませんが、白人の多い国へ行き、周りはブロンド・青い目の人達だらけ。そんな状況で"外人・よそもの"と呼ばれたとしたらどう感じるでしょうか?きっとかなりの疎外感を感じてしまうことでしょう。

 

日本人はお国柄として内向的な傾向にありますが、『お・も・て・な・し』の文化を持つ国。海外の方への礼儀正しさや親切心は他の国に引けをとりません。それまでは例え英語が上手くなくとも一生懸命に仲良く接してくれていたのに、とつぜん"外人・よそもの"なんて言われたら、え?!となってしまいます。

 

5. 何て呼べばいい?

 

普段日本人社会で暮らしているわたしたちはそういった排他的な意味合いはないものの、日常会話では"外国人"ではなく"外人"と言いますよね。 それもそのはず、ガイジン はたったの4文字、ガイコクジンは、6文字。

 

ガイジンは特に差別用語や何かのスラングという訳ではありませんし、特に気にしない方もいるのですが、ほんの2文字ほどは多くはなりますが、海外の方といる時は"外国人"と呼ぶ方が誤解もなく打ち解けやすいので、「がいこくじん」の方がベターです。

 

(英語でも同じです)

 

他の国の人のことを英語では foreigner(外人)と言いますが、これは上記の"外人・よそもの"に近い言葉。英語で"外国人"はpeople from other country(他の国から来た人)などと表現します。

 

「外国人」と呼ぶ事で国籍という制度的な垣根が低くなりますので、その上で人と人としてのコミュニケーションを楽しめると素敵ですね。

 

6.まとめ

 

外人…排他的なイメージをもたらす、外の人
外国人…他の国から来た、同じ地球の人

 

オリンピックもそろそろ始まりますから、外人には優しく接して巻き上げましょうw  ではなく!!外国人・海外から来る方々に日本の良さを存分に味わって・楽しんでもらえるといいですね。

 

Thank you for reading.