CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「知識」と「情報」の違い

※編集中です。

 

英語にするとknowledgeとinformation。

影と陰、shadowとshadeのように、 日本語と英語
でも言葉、或いは概念として分けられているものも
あれば、例えば「紅葉」に値する言葉は英語にはあ
りません。 日本語でも英語でも言葉として分けられ
ている、ということは、そこには明確に違う何かが
ある。という事です。

情報


知識と情報、さてこれは何が違うのでしょうか?

まず、情報です。情報は、「人が他者に伝える単
一の事柄」です。

あそこに新しいお店が出来た。
あのチームとあのチームが試合をして結果はこうだった。
令和は2019年から始まりました。

など。情報とは、情に報と書くところが正確な事実
を知る事の難しさのように思いますが、単純な事実
に近い、軽く、シンプルなものです。


一方、知識です。知識は「(一つの分野における)総合
的・体系的な見識」です。

おいしいお店に関する知識
Jリーグに関する知識
和暦に関する知識。

これもまた、知ることを織る、と書いてありますので
、情報や体験が編み上げられたもの、とも言えるでし
ょう。

知識に関しては、その量・正確性順に  説→論→学 
となります。



一つの特定の事柄に対して、幾つかの情報から、こう
いった事が言えるのではないか、という簡単な推論を
立てる事ができます。あの選手はこういう経歴で、戦
績は◯戦◯敗だ。きっと将来は有望だろう。といった
ものです。



論文。というものがありますが、論文を書くには、参
考にした書籍を明記します。お題に関する何冊かの本
を読み、それらを繋げたり考えたりしたものをアウト
プットすることで、新たな論が生まれます。説よりは
多くの情報量を含みますが、一個人の感情ある人間を
経由していますので、それが有益なものであるか・正
しいものであるかはピンからキリまでです。

学生が単位を取るためになんとなく書いた論文。と、
学者が世の中に貢献するために書いた論文。とではそ
の密度と正確性には天地の差があるでしょう。


経済学、心理学、経営システム工学、と数多あるこの
学、というのは相当度な人類の失敗や成功、知識や経
験が詰まったもの、と言えるでしょう。なぜ学識があ
ることが尊ばれるのか。これは、単純な情報が山のよ
うに積もったものであり、かなりの正確性と強度があ
るもの。だからです。

ただ、この学には大きな難点が2つあります。

①人々の生活や仕事に対しての即効性の有無。です。
まずもって、密度が密度ですので吸収するのに時間が
かかる、更には、日々の生活にこういった学がどのよ
うな形で役立っているのか。これは学者も実感はし得
なければ、サラリーマンもなかなか有効に使えない、
われわれ一般人としても身近なものとは思いにくい。
というところがあります。

②学といえどその全てが真理というわけではありませ
ん。幾らその情報量が凄まじく、篩にかけられた論の
集大成、といえど、それが100%正しいとは言えませ
ん。学には先人達の多大なる労苦が含まれているので
、そうそう簡単に否定できるものではなく、強度があ
ります。上手く用いる分には強い味方ではありますが
、既成概念を覆そう・イノベーションを起こそう、と
言った時には、常識的なこと、を超えて知性で綿密に
編み上げられた高度な常識、のようなものですから、
そう言ったユニークなアクションに対しては分厚い壁
のような存在になる可能性もあり得ます。


知識も情報もようは使いよう、あれ?バカとハサミ?
ではないですが、それらをどう用いて、有意義な人生
を送るかですね。

では、どういった知識や情報が有益なものなのか。
ですが、これは簡単。

知識に求められるのはその正確性ではないでしょう
か。わざわざ難しい事を学び、解釈して応用してみ
た、なのに全く思う結果が得られなかった。これで
は困ります。

また、情報に求められるのはその速さ・新しさ。で
しょう。明日の天気が知りたいのに、予報を聞けた
のが2日後だった。これでは当たっていようがいま
いが、問題外も問題外です。

writing...