CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「http」と「https」の違い

少しウェブサイトなどをいじったことのある人なら気がつきつつも何なのかがわかり難い、URLの手前に必ず付いているこれらの違いです。

 

Index / 目次

1. httpとは

2. httpsとは

3. httpとhttpsの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20191228024345p:plain

 

1. httpとは

 

 

 「http = hypertext transfer protcol」で、「ハイパーテキスト転送プロトコル」のこと。インターネットなどのネットワーク上で様々な情報をやり取りするための世界共通の通信ルールを指している。

 

2. httpsとは

 

「https = hypertext transfer protcol secure」または、「http」に「secure=安全性」が付いたもの。httpsは情報の送受信が行われる際に、その情報が保護(暗号化)されいるため第三者に機密情報などが伝わらない。

 

3. httpとhttpsの違い

 

 多くの人々に見られてもよい内容であれば http でも問題がないが、身近な例でいうと クレジットカードの暗唱番号のやり取りなどがウェブ上でなされたとしても https であればハッカーなどにその情報を盗まれる心配などがなく、httpsの方が機密情報の守秘がなされやすい。

 

4. まとめ

 

http…世界共通の通信ルール

https…安全な情報交換ができる、世界共通の通信ルール

Thank you for reading.