CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「クレヨン」「クーピー」「クレパス」の違い

  • カラフルな画材たちの説明です。
  • Index / 目次

    1. クレヨンとは

    2. クーピーとは

    3. クレパスとは

  • 4. クレヨンとクーピーとクレパスの違い

    5. まとめ

     

    f:id:hyakkajiten:20200122172332p:plain

     

    1. クレヨンとは

  • 蝋(ろうそくのロウ)やパラフィン、脂肪酸などと顔料を混ぜて塗り固めて棒状にしたもの。
  •   

  • 2. クーピーとは

  • 顔料と合成樹脂系素材を混練し、成形したもののこと。 

株式会社サクラクレパスの商品名。

 

  • 3. クレパスとは

  • 蝋やパラフィン、脂肪酸などと顔料、液体油、体質顔料などを混ぜて練り固め、棒状にしたもの。

株式会社サクラクレパスの商品名で、一般名称は「オイルパステル」。

 

4. クレヨンとクーピーとクレパスの違い

 

「クレヨン」は芯が尖っていない・力を入れても折れにくい・無害 なので小さなこどもが使うのに適しており、「クーピー」は色鉛筆の芯の部分が全てペン状になったようなもので、芯がむき出しになっているが汚れない・折れにくい・消しゴムで消せる クレヨンと色鉛筆の中間のようなもの。「クレパス」は広い範囲を塗ったり混色したりすることも可能なので、子どもだけでなく専門家が使うこともある。

 

5. まとめ 

  •  

    クレヨン…小さな子ども向け

    クーピー…クレヨンと色鉛筆の中間のようなもの

  • クレパス…本格的にも使える

  •  

  • Thank you for reading.

  •