CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「エタノール」と「アルコール」の違い

消毒しなくちゃ!エタノール…?アルコール…?ふたつの違いの説明です。

 

Index / 目次         

1. エタノールとは

2. アルコールとは

3. エタノールとアルコールの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200104140149p:plain

 

1. エタノールとは

  

アルコールの一種。

揮発性のある無色の液体で独特の香りを有している。

酒精とも呼ばれ、人が「お酒で酔う」成分そのもの。

 

2. アルコールとは

 

アルコール類 (エタノール、メタノール、イソプレパノール、エチレングリコール、グリセリン、オレイルアルコール 等) の総称。揮発性のある無色の液体で燃えやすく、有機物をよく溶かす。

 

3. エタノールとアルコールの違い

  

どちらも消毒や燃料に用いられるが、エタノールはアルコールの一種。

 

アルコール=お酒、エタノール(エチルアルコール)=化学薬品といったイメージがありますが、言葉の用法として正しいのはお酒=エタノール、です。歴史的にエチルアルコールがお酒から発見され、アルコール類代表のようになっているため現在のようなアルコール=お酒となっているようです。

 

4. まとめ

 

エタノール…アルコールの一種 (別称 : エチルアルコール)。

 

アルコール…アルコール類全般。

 
Thank you for reading.