CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「ベンチャー企業」と「中小企業」の違い

サクッとおさらい。

ベンチャー企業と中小企業の違いです。

 

Index / 目次

1. ベンチャー企業とは

2. 中小企業とは

3. ベンチャー企業と中小企業の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200106015441p:plain

 

1. ベンチャー企業とは

 

新規の事業を始める企業のこと。既存の企業が新規事業(主軸となるビジネス以外の 事業)を始める場合は新規事業・ベンチャー事業・ベンチャービジネス。など。

 

英語の「adventure=冒険」に近い語である「venture=冒険、冒険的事業」が由来。

 

 2. 中小企業とは

 

経営規模が一定の規定内にある企業のこと。

全体に掛かる定義もあるが、サービス業・運輸業・建設業・小売業・卸売業などによりその規模は異なる。

 

3. ベンチャー企業と中小企業の違い

 

ベンチャー企業は新たな事業を中心にビジネスを始める若い企業のこと。経営規模としては中小企業になるので、ベンチャー企業は中小企業にあたるが、5〜10年(明確な定義はないが)以上続いている中小企業はベンチャー企業とは呼ばない。

 

また、スタートアップ企業という表現もあるがこれは短期的なゴールを目指す企業という意味合いで、ベンチャーの方がより中長期的な視座に立って課題に取り組む企業という意味合いで使われる。

 

4. まとめ

 

ベンチャー企業…新たな事業を始める創設して間もない会社

中小企業…大企業に比べて経営規模が小さい会社

 

Thank you for reading.