CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「焼く」と「炒める」の違い

ステーキを炒める。とは言いませんよね。

焼くと炒めるの違いです。

 

Index / 目次

1. 焼くとは

2. 炒めるとは

3. 焼くと炒めるの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200106063254p:plain

1. 焼くとは

 

調理技法の一種。本来は食材に直接を火を当てて加熱することを意味した。

現在では調理方法や調理器具が多様化したため、フライパンや鍋、鉄板などに食材を置き、食材に焦げ目などを付けながらその内部にまで火を通すことも含まれる。 比較的単一で大きな食材(肉の塊や魚、玉子など)に用いられる。

 

2. 炒めるとは

 

調理技法の一種。フライパンや鍋などを通して食材を混ぜながら素早く加熱すること。

比較的複数で小さな食材(スライスされた肉や魚、野菜など)に用いられる。

 

3. 焼くと炒めるの違い

  

どちらも火を用いて加熱調理することではあるが、 「焼く」は食材が大きく動かさずに火を通すことで、「炒める」は食材が小さく動かしたり混ぜたりしながら火を通すこと。

 

4. まとめ

 

焼く…大きな食材を動かさずに火を通すこと。

 

炒める…小さな食材たちを混ぜながら火を通すこと。

Thank you for reading.