CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「スパイク(スパイクシューズ)」と「トレシュー(トレーニングシューズ)」の違い

サッカー暦10年以上だった筆者がサクッと説明します。

 

Index / 目次                    

1. スパイクとは

2. トレシューとは

3. スパイクとトレシューの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200115111001p:plain

 

1. スパイクとは

 

靴の裏にペットボトルのキャップ小程度の大きさの「スタッド」が10コ前後付いているサッカーシューズ。スタッドが芝生・土などのグラウンドとの摩擦力を強め、グリップ力が上がり、脚の力を直接地面に伝えやすくなる。

 

また、スパイクにはスタッドが「固定式」のものと「取替式」のものがあり、「固定式」は主にプラスチックなどでできておりグリップ力は通常で芝生や土の通常のグラウンドに用い、「取替式」は金属でできているものがありグリップ力が強く、雨の日や深い芝のグラウンドなどに用いる。

 

2. トレシューとは

 

靴の裏が主にゴム製で数十の小さなツブツブでできているサッカーシューズ。

 

3. スパイクとトレシューの違い

 

スパイクはトレーニングシューズよりグリップ力が高いが、トレーニングシューズより足腰への負担がかかるため小学生程度まではスパイクは使わずにトレーニングシューズを使う場合が多い。また、体育館内などの屋内では滑ってしまう・床面を傷つけてしまうためスパイクは使用できない。

 

なお、スパイク、トレシューともメーカーによって全体的な幅の広さや高さ等が異なるので、好きなメーカーで選ぶのもいいですが、足にフィットしたものを選ぶようにしましょう。サッカーが上手いのが、一番カッコイイ。

 

4. まとめ

 

スパイク…本格的なサッカーシューズ

トレーニングシューズ…サッカーシューズ

 

一番好きな選手はピルロです。

 

Thank you for reading.