CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「競技」と「種別」と「種目」の違い

オリンピックの度になんとなく聞いてはいるけど、あまり意識したことはない違い。始まる前にどうぞ◯

 

Index / 目次       

1. 競技とは

2. 種別とは

3. 種目とは

4. それぞれの違い

5. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200203043311p:plain

 

1. 競技とは

 

「水泳」、「陸上競技」、「野球・ソフトボール」、「サッカー」など大部類のスポーツの種類のこと。2020年東京オリンピックでは33競技。

 

2. 種別とは

 

競技を部門別にカテゴライズした中分類のスポーツの種類のこと。競技の中の一カテゴリー。水泳でいえば、「競泳」「飛込」「水球」「アーティスティックスイミング」「マラソンスイミング」。

 

3. 種目とは

 

種別をより細分化し、そのカテゴリーにおける競争で順位が確定し、メダルや賞状の授与の対象となる小分類の単位のこと。競泳でいえば、「50m自由形 (男子/女子)」「800m自由形 (男子/女子)」「100m背泳ぎ(男子/女子)」「平泳ぎ200m(男子/女子)」「400m個人メドレー(男子/女子)」「4×200mリレー(男子/女子)」「4×100mメドレーリレー(男子/女子/混合)」など。

 

4. それぞれの違い

  

分類の単位の大きさは 競技>種別>種目となっている。なお、「水泳」や「陸上競技」などの場合はそれぞれの項目で3つの分類がなされるが、「サッカー」のように競技=種別=種目のものもある。

 

5. まとめ

 

競技…オリンピックのスポーツの大分類

種別…オリンピックのスポーツの中分類

 種目…オリンピックのスポーツの小分類

 

Thank you for reading.