CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「カカオ」「ココア」「チョコレート」の違い

 

チョッコレート♫チョッコレート♫チョコレートは、M永さんもがんばってますね。ゴディバ〜ピエールさん。もちろん手作りが最も有効。カカオとココアの違いです。 

 

Index / 目次

1.カカオとは

2.ココアとは

3.チョコレートとは

4.カカオとココアとチョコレートの違い

5.まとめ

 

 

f:id:hyakkajiten:20200106035414p:plain

 

1. カカオとは

 

アオイ科の常緑樹のこと。 カカオノキ、ココアノキとも呼ばれる。最大でラグビーボール程度の大きさの実をつけ、その中に20〜60コ程度の種があり、これがカカオ豆と呼ばれる。

 

   

2. ココアとは

 

カカオ豆、カカオ豆を原料とした食品のこと。一般に日本ではカカオ豆を炒って砕いた粉末をお湯に溶かした飲み物をココアと呼ぶが、広義ではチョコレートもココアの一種に含まれる。

 

3. チョコレートとは

 

カカオ豆を炒って砕き、砂糖と粉乳を混ぜて練り固めたもの。

 

4. カカオとココアとチョコレートの違い

 

「カカオ」はココアやチョコレートの原料となる樹の名前。ココアはカカオ豆を使った食品全般のことで、チョコレートはココアの中でも[カカオ+砂糖+粉乳]を用いた固形のもの。

 

5. カカオとココアとチョコレートの違い

 

カカオ…ココアやチョコレートの原料になる樹のこと。

 

ココア…カカオ豆が関係するもの。

 

チョコレート…カカオ豆を使って固めた甘くて美味しい食べ物。

       


Thank you for reading.