CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「ツナ」と「シーチキン」の違い

 

Index / 目次

1. ツナとは

2. シーチキンとは

3. ツナとシーチキンの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200122163129p:plain

1. ツナとは

 

英語では「tuna」。よく「マグロ」と訳されるが、生物学では「スズキ目サバ科マグロ族」であるため、正確にはビンナガマグロ、キハダマグロ、メバチマグロ、クロマグロなどの「マグロ」以外にも、「カツオ」や「スマ」なども含まれる。

 

2. シーチキンとは

 

はごろもフーズから販売されているツナ缶の商品名。ビンナガマグロ、キハダマグロ、カツオの3種類が原料として使われている。日本では植物油に漬けたものが主流だったが、低脂肪・低カロリーへの需要が高まったことなどから、昨今では水煮やスープ漬け、油分をカットしたタイプもある。

 

由来は定かではないが、「sea chicken = 海の鳥肉」という意味。

 

3. ツナとシーチキンの違い

 

「ツナ」はマグロやカツオなどの魚の総称で、「シーチキン」はー商品名。尚、はごろもフーズ以外では、いなば食品、マルハニチロ、キョクヨー、ホテイフーズなどがツナ缶を扱っている。 

 

4. まとめ

 

ツナ…マグロ族の魚

シーチキン…はごろもフーズのツナ缶の名前

  

[近年注目されている、主に渡り鳥や回遊魚から得られる栄養素(長期的なスタミナ)に"イミダゾールジペプチド"というものがあり、脳にも体にも効くスーパー抗疲労成分として人気が出ており、サプリなども販売されています。ツナ缶はコンビニでもスーパーでも置いてあるので簡単に買えて、そんな成分をナチュラルに摂取できます。]

 

Thank you for reading.