CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「白い卵 (白玉) 」と「茶色い卵 (赤玉) 」の違い

食物繊維とビタミンC以外の全ての栄養素を含んでいる実はスーパーフード、卵。筆者はほぼ毎日卵を食べるようにしてから一年〜二年、風邪をひいてダウンしたことがありません。卵には感謝してもしきれない。

 

そんな卵様ですが白いのと茶色のがありますよね?一体何が違うんだろう?日常の小さな衝撃的な事実。白玉と赤玉の違いです。

 

 Index / 目次

1. 白い卵

2. 茶色い卵

3. 白い卵と茶色い卵の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200112183917p:plain

 

1. 白い卵 (白玉)

 

羽が白色・淡色で耳たぶが白い鶏が産んだ卵。

 

2. 茶色い卵 (赤玉)

 

羽が赤茶・黒で耳たぶが赤い鶏が産んだ卵。

 

白い卵を産む鶏より体のサイズが大きく大食いのため餌代がかかる。

 

3. 白い卵と茶色い卵の違い

 

栄養価・味・殻の厚みは同じ。

茶色い卵の方が値段が高い。

 

茶色い卵の方が味がよい・栄養価が高いなどの逸話もあるが、これは消費者の思い込みが作り上げた幻想。ある程度の需要があるため養鶏場も生産を続けている。

 

「茶色が好き」「リッチな気分を味わいたい」方以外は白い卵を購入することをオススメします!

 

4. まとめ

 

白い卵…白くて少し安い

茶色い卵…茶色くて少し高い

 

Thank you for reading.