CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「天才」と「秀才」の違い

よく議論になる才能の有無、天才と秀才。少しの筆者論も交えての説明です。

 

Index / 目次

1. 天才とは

2. 秀才とは

3. 天才と秀才の違い

4. まとめ

   

f:id:hyakkajiten:20200210151222p:plain

 

1. 天才とは

 

様々な分野やジャンルにおいて、先天的・努力などを要さず(要していないように見える)して人より遥かに抜きん出た特有の能力を持ち合わせている人のこと。 

 

2. 秀才とは

 

様々な分野やジャンルにおいて、後天的・努力を重ねて人より抜きん出た能力を得た人のこと。

 

3. 天才と秀才の違い

 

「天才」は遺伝的要因や環境的要因により努力や苦労なくして(ないように見える)能力を持っている人で、「秀才」は勉強や練習等を重ねることで能力を有した人のこと。

 

一般的には上記のような解釈がほとんどだが、天才中の天才と言えるであろう、ビートルズのジョン・レノンの天才説として「天才?いるとしたら僕がそうだろうね。」という回答や、元プロプレイヤーでありサッカー日本代表などの監督を務めた岡田武史氏は「〜(選手名)?あぁ、どちらかというと天才派だね!」といった回答がある。

 

有名になればなるほど、その業績や実績の輝かしい部分の方が世間の大多数にフューチャーされやすくなるため、「天才」というものが存在するかのように捉えられがちではあるが、どのようなプレイヤーといえど常人には理解できないほどの努力(音楽であれば曲作りやバンド練習、サッカーであれば筋トレや走り込み、日々の練習やコンディションの管理、相手チームの研究等)をしているのが当たり前である。

ある程度の先天的な資質の有無は確かに存在はするが、結局のところ積み上げた努力量というのは必要なので、100%ただの天才(日々の生活をしているだけで超一流になれた人)というのはこの世の中には存在せず、天才/秀才というのはその度合いによって測られるものである。

 

[才能 = 資質(先天) × 努力量(後天)]であり、資質の方が大きく見える人が天才、努力の方が多く見える人が秀才。    

 

まぁ、物理が苦手だった筆者からすればアインシュタインはそれもう天才でしかありませんが。

  

4. まとめ   

 

天才…元々才能があるように見える人

秀才…頑張って才能を手にしたように見える人

  

Thank you for reading.