CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「アルコール」と「リキュール」の違い

ん?そういえば何気なく使っているけど説明しろって言われると…。アルコールに溺れるならまだしもリキュールに溺れると……二つの違いです。

 

Index / 目次

1. アルコールとは

2. リキュールとは

3. アルコールとリキュールの違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200204125350p:plain

 

1. アルコールとは

 

アルコール類の総称 (エタノール、メタノール、イソプレパノール、エチレングリコール、グリセリン、オレイルアルコール)。揮発性のある無職の液体で燃えやすく、有機物をよく溶かす。

 

2. リキュールとは

 

蒸留酒に果物や薬草などの香味を加え、砂糖やシロップを加えた混成酒のこと。混成酒には ビールやワインなどの"醸造酒"をベースにしたものと、焼酎やウィスキーをベースにした"蒸留酒"をベースにしたものがあり、リキュールは「蒸留酒をベース」に製造されたもの。

  

3. アルコールとリキュールの違い

 

「アルコール」は化学成分としての分類でのアルコール類の総称であり、日本ではお酒の入っている飲料全般をさす。「リキュール」はお酒の中でも蒸留酒に香味や甘味を加えたもの。

 

カテゴリーとしてはアルコール > リキュール。

 

4. まとめ

アルコール…お酒に入っている成分

リキュール…蒸留酒をベースにしたお酒

 

Thank you for reading.