CHIGAPEDIA -違いの百科辞典-

チガペディア 2019- © CHIGAPEDIA All Rights Reserved.

MENU

「野菜」と「果物」の違い

いや、野菜は野菜で、果物は果物、、、園芸学や農林水産省など、それぞれの定義が異なるモノもあるほどになんとも言えないあやふやなこの違い、いってみましょう。

 

Index / 目次

1. 野菜とは

2. 果物とは

3. 野菜と果物の違い

4. まとめ

 

f:id:hyakkajiten:20200310103204p:plain

 

1. 野菜とは

 

食用となる植物の葉や根、茎などのこと。「野の菜」と書くように、ゴボウ、ニンジン、大根、キャベツ、レタスなど、地面に近いところで育つ植物をさす。総じて苦味や渋みがある。

 

2. 果物とは

 

食用となる植物の花や実などのこと。果物の語源は「木の物」で、主にブドウやミカン、りんごや梨など樹木の実としてなる、背丈の高い場所で育つ植物をさす。総じて甘みがある。

 

3. 野菜と果物の違い

 

「野菜」は主に地面に近いところで育つもので「果物」は主に地面からは離れたところで育つもの。

 

主にイチゴ、スイカ、メロンが野菜と果物のうちどちらなのか機関による定義が異なり諸説ある。これらはツルからなって地面に近いところにはあるが、甘みがあるので果物という認識の方が一般的。

 

やや背の高いところで育ち、かつ甘みが果物ほどではないトウモロコシが弊辞典としてはどちらとも捉え難い。また、栗って…?????

 

[非常に面白いトピックなので、そう遠くないうちに追記し明確な違いを割り出背たらと思います。]

 

4. まとめ

 

野菜…地面に近いところで育つ、苦味や渋みのある植物。

果物…背丈の高いところで育つ、甘みのある植物。

 

Thank you for reading.